HOME>新着レポート バックナンバー集>イタリア製ネクタイ 新柄入荷しました
オーダースーツのヨシムラ
新着レポート

 イタリア製ネクタイ 新柄入荷しました
 すっかり春の陽気漂う季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
ようやく花粉の量も減少しているようで、これからは檜花粉の季節ですね...

さて、そんなこれから夏を迎えようとしている頃、当社では昨年、大変ご好評を頂いたオリジナルネクタイを今シーズン新しく追加することになりました。

クールビズだからといっても、ここぞ!というとき、必ず必要になるのがネクタイ。
ネクタイをしている時とノータイの印象はとても大きく変わってきますので、是非ご覧下さい。

今回もクラシックで合わせやすいネクタイや、トレンドを意識したネクタイまで幅広いバリエーションで取り揃えております。

ちなみに、今シーズン入荷したネクタイは昨シーズンよりも...

・1ランク肉厚な芯地にしました。
>>>比較的厚めの重厚感のあるネクタイが最近増えてきているため、しっかりとした芯地へ変更することにより、ディンプルも綺麗に作れるようになりました。

・タイ幅を8.0cmから8.5cmへ変更しました。
>>>上記同様、近年衿幅も広くなり始めており、更に高級感を出そうということで、衿幅を+0.5cm広くしました。

全体的にバランスをとりつつ、ネクタイをアクセントに、コーディネートを楽しんでください。



なお、メーカーは今回もイタリア コモにある1898年創業のCATENA社です。

少人数の家族経営的な機屋(はたや:生地織りメーカー)ですが、他品種小ロットの生産が出来るため、日本国内の各セレクトショップがこぞって利用しているメーカーさんです。
品質的にはシルク100%素材を中心に凝ったジャカード織りが得意で、価格的には国内販売価格が7,000〜8,000円(つまりセレクトショップの上級ラインの価格帯)の物が作っています。

それでは以下新柄商品のご紹介です。
ご注文等は品番をご連絡頂ければネットでも承っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。。
ご注文は こちら まで

◆無地ライクネクタイ
>>> あると便利な無地系&無地ライクネクタイ 無地系ネクタイは最近は特に20-30代の若者に人気。
シンプルですが上品さが備わった無地は余計な色柄がない分、スーツが引き立ち、またネクタイの品質が良く分かります。

 ZN3-1014 ネイビー無地ライクピンヘッド
>>> 針の頭のような小さなドットをピンヘッド柄と言いますが、これだけ柄が小さいと無地ライクに見えて非常に使い勝手の良いネクタイとなります。
シンプルですが平凡な無地とも違い、少し雰囲気が出てGood。
ストライプのシャツ、スーツに合わせると爽やかなコーディネートになりますヨ。
ご参考:シャツ 伊カンクリーニ社製SH703-06 King

 ZN3-1015 スカイブルー 無地ライク ピンヘッド
>>> まるで夏空のような爽やかなスカイブルーのピンヘッド柄
クールビズが始まることでも何本かはネクタイを持っていないとネ、、、という時、これ一本あればオールマイティーに活躍しそう...
王道は100番双糸以上の光沢感あるシャツに合わせると若さと共に上品さが表現されて好感度アップ間違いなしです。
ご参考:シャツ 伊カンクリーニ社製SH701-3 King

 ZN3-1016 ボルドー 無地ライク ピンヘッド
>>> 少し落ち着いたボルドーのタイは20代を過ぎて30を超えたオトナの雰囲気。
ボルドーは紺系のスーツとも茶系のスーツとも相性が良いため、差し色として使ってもお洒落ですよ。
あるいは、スーツの裏地を艶のあるボルドーにしてボルドーでまとめるのもお洒落ですね。
ご参考:シャツ 英THOMAS MASON社製SH712-4 Herrin

 ZN3-1017 ベージュ 無地ライク ピンヘッド
>>> 真夏が近づき日差しが強くなるとこういったアースカラーのシャツやネクタイが人気になります。
ニットタイでよく見かける色合いですがニットタイだとドレスダウンしすぎ...とお考えの方はこの柄が良いでしょう。
柄はピンヘッドですがもうこれはどう見ても無地。
色合いからリネンっぽさも出ているので盛夏用の麻混の半袖シャツに合わせても素敵ですね。
ご参考:シャツ 伊カンクリーニ社製SH705-1 Piave

 ZN2-6002 明るめネイビー無地(サテン地) 継続商品
>>> 今年トレンドの明るめネイビー無地。
1本持っていると必ず重宝する鉄板色。
今度は伊カンクリーニの淡いブルーのシャツに合わせてみました。すごい素敵ですね...
ご参考:シャツ 伊カンクリーニ社製SH701-5 King

 ZN2-6003 地中海ブルー(サテン地) 継続商品
>>> サテンの光沢感が生きるのはこれ位明るい色の方が分かりやすいかも知れません。
ちょっと強めのロンドンストライプと合わせると若さ力強さが表現され、デキル男っぽくなりませんか?
この組み合わせで女性からプレゼントされたら嬉しいですね。
ご参考:シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH902-03

◆レジメンタルネクタイ
>>> ナナメにストライプが入ったようなレジメンタルネクタイは爽やかな印象を与えるため春夏は特に人気の定番柄です。
光沢感あるサテン系の素材から下地をドビー織りにした凹凸感があり、高級感が出るものまで色々取り揃えました。

 ZN3-1018 ブルー系レジメント
>>> このシリーズは仕入れスタッフのイチオシ商品。
まるでオースチンパワーズの映画を彷彿させるような鮮やかなレジメンタルネクタイ
これがポールスミスなら10,000円以上はしちゃいそうですが、そこはオリジナルの良さです。
柄がはっきりしているためネクタイ単体で見ると少々腰が引けますが、無地系のプレーンなスーツ、シャツと合わせればとても良いアクセントとなりバッチリです。
ご参考: シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH904-2 

 ZN3-1019 パープル系レジメント
>>> 赤紫からピンクのビタミンカラーは色気と共に爽やかな印象も与えます。 特に紺系の色目との相性はバッチリですので、怖がらず、紺無地のスーツなどに差し色として合わせてみてください。
ブレザーでもネクタイを締めるときはありますからそんな時に使うのもグッと印象が変わって良いでしょう。
デートや合コンの時はサーモンピンクのシャツに合わせると女子の好感度が上がりそうです!(当社女性スタッフ談)
ご参考: シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH713-05 ROYAL TWILL

 ZN3-1020 ブラウン系レジメント
>>> 柄は派手ながらもブラウンで少し落ち着かせたブラウン系レジメンタル。
ブラウンなどの色目はミドル世代カラーとも思われがちですが、実は若い方の方がよく似合います。
チーフと合わせたり、ベージュのコットンパンツ茶靴に合わせて着用すればグッとお洒落感が上がります!
ご参考: シャツ 伊:ALBINI 品番:SH910-07 ROYAL TWILL

 ZN3-1021 オリーブ系レジメント
>>> オリーブ×オレンジ×ブラウン×カーキと色んな色がミックスされたレジメンタルネクタイ。
オリーブを主役と考えれば春先にピッタリの色合いですし、オレンジを主役とするならば生成色のシャツと合わせると落ち着いた雰囲気にもなります。
もちろんブラウンメインなら初秋の雰囲気にも。
ミックス調の色合いは1本持っているととても便利ですよ。
ご参考: シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH710-2 DOBBY

 ZN3-1006 デニム調レジメント
>>> ここ数年人気のデニム調ネクタイ。
オフィスカジュアルが進む一方で、ニットタイの人気も上がりましたが、その次のトレンドとして注目を集めています。
レジメンタルにすることにより、モダンな印象を与えつつ、カジュアル感を満喫できるネクタイです。
Vゾーンを引き立てたい時は、比較的落ち着いたスーツ地をオススメします。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH702-06 Piave

 ZN3-1004 デニム調レジメント
>>> こちらも人気の人気のデニム調ネクタイ。
やや強めのレジメントになっていますが、そこはプレーンな紺ブレと合わせると良いアクセントになって引き立ちます。
クールビズで紺ブレ&コットンパンツが着れるシチュエーションの中、折角ネクタイを締めるならこれぐらいのアクセントがあるとノータイ派を圧倒できるのではないでしょうか?
紺ブレにこのタイはファッション感度アップに役立ちますよ〜。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH700-05 Jeny

 ZN3-1030 シルバー×ブルー ドビーレジメント
>>> 下地がドビー織りで非常に複雑になっているのが特徴のレジメンタル柄
シルバーと水色のコントラストが複雑に絡み合い、若さ爽やかな印象を与えます。
白やブルーのシャツに合わせて着ればコットンパンツでも紺ブレでもコーディネイトし易く気回しが利いて便利ですよ。
ご参考: シャツ 伊ALBIN社製 品番:SH914-03

 ZN3-1031 ラベンダー×グリーン ドビーレジメント
>>> シルバーとラベンダーカラーの下地にグリーンと白のストライプが入ったレジメンタル。
差し色にグリーンを使うところがミソで、春先はグリーンのイメージ、初夏〜夏はラベンダーカラーのイメージでこれにあったポケットチーフなどを胸に指せばとてもお洒落な印象になること間違いなし!です。
レジメント柄は紺ブレなどとの相性が抜群ですから是非ちょっとしたお洒落に試してみてください。
ご参考: シャツ 英THOMAS MASON社製 品番:SH713-04 ROYAL TWILL

 ZN3-1032 ブルー×レッド ドビーレジメント
>>> シルバー&ブルー、そしてレッド&白の配色となったこのレジメンタル。
赤は力強い印象を与え、ブルーは爽やかな印象を与えます。
夏場はとかく紺ブレなどで着回す機会が多くなりますがそんな時1本あるとビジネスでネクタイ着用の時便利ですね。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH703-06 KING

 ZN3-1033 カーキ×パープル&シルバー ドビーレジメント
>>> ちょっと渋いカーキのネクタイは20代の若者向けというよりは30代ぐらいのチョイ大人のイメージです。
これぐらいの世代になると夏場は紺ブレだけでは通用せず、時にはコットンジャケット、リネンジャケットなどを着る機会があると思いますが、そんな時はブルー系の色合いより、より自然な色に近いカーキなどをオススメします。
ご参考: シャツ 伊ALBINI社製 品番:SH911-03

 ZN3-1034 ベージュ×スチールブルー ドビーレジメント
>>> 初夏になり日差しが強くなるとネクタイの色合いは途端に淡い色合いが増えます。
暑くなれば上着も濃色のスーツや紺ブレでなく、淡色スーツやコットンジャケット・リネンジャケットなどを着る訳ですから当たり前かも知れません。
そんな中ベージュの色合いはリネンジャケットとの相性はバッチリ。
細いスチールブルー良いアクセントになっていると思いませんか?
ご参考: シャツ 英THOMAS MASON社製 品番:SH710-04 CANTERBURY

 ZN3-1001 ライトブルー×ネイビー
>>> デニム調のライトブルーに紺と白の組合せで、爽やかな印象になる色合い。
アクセントになる色合いは、Vゾーンを際立たせてくれます。
ネイビーのスーツや、ライトグレーのスーツに合わせると、全体的な調和をとりつつ、爽やかで上品なコーディネートになります。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH705-06 Piave

 ZN3-1002 ライトグレー×ネイビー
>>> グレー地に落ち着いたブラウンが特徴的な色合い。
特にトレンドとしてシルバーグレーのネクタイが注目されており、トレンド感のあるネクタイになっております。
特にネイビーのスーツに相性抜群です。
画像のように白地のシャツでもよろしいですし、淡いブルーのシャツにも大活躍です。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH702-04 Piave

 ZN3-1003 ブラウン×ブルー
>>> ブラウンをベースにブルーの色味がアクセントになった色合い。
ブラウンとブルーの組合せは、アズーロエマローネというイタリアならではの色合いで、使いやすいネクタイとしてオススメです。
シャツをブルーにして全体的にバランスを合わせてコーディネートしてみましょう。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH700-04 Jeny

 ZN3-1008 ダークネイビー×シルバーレジメンタル
>>> ミッドナイトブルーを思わせる深い濃紺にシルバーのストライプが入ったレジメンタルネクタイ。
下地がサテンのため落ち着いたオトナ感とフォーマル度があるためビジネスシーンで落ち着いた印象を出したい時に適した色柄です。
白のブロードや光沢感あるフランス綾のシャツに合わせるのが王道ですが、それだとお堅すぎるとお考えでしたら淡いブルー系のシャツとの相性もGoodです。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH704-05 PIAVE

 ZN3-1009 ブルー×シルバーレジメンタル
>>> 地中海ブルーのサテン下地にシルバーのレジメンタル。
これほど爽やかな取り合わせはないぐらいの鮮やかさ。
光沢感ある白のシャツでも良いですし、画像のようなストライプの幅が違うシャツと合わせてもGoodです。
クールビズが始まっても時々綺麗目なシャツにこんなネクタイを締めて出社すると気分もグッと引き締まりますヨ。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH706-04 SKIN

 ZN3-1010 ラベンダー×シルバーレジメンタル
>>> 淡いラベンダーパープルのサテン地にシルバーのレジメンタル。
遊びの利いたラベンダーカラーでも意外と落ち着いて見えるのはシルバーのレジメンタルだから。
淡いブルーのストライプ柄シャツなどとの相性は相手に柔らかい印象を与え素敵です。
女性ウケの良い柄ですから合コンの際などに良いかも知れません。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH706-01 SKIN


◆小紋柄ネクタイ
>>> 無地系のタイと比べると少しオトナ感のある小紋タイ。
プリントのネクタイと違いジャカード織りの幾何学模様の小紋は表面の凹凸感が上質さ・高級感をにじませます。

 ZN3-1011 ミッドナイトブルー
>>> 光沢感あるサテンの下地に刺し子のような柄を配したこの柄は、小紋柄の中でも余り見たことのない変わった柄。
変わった柄と言っても派手ではなく逆に落ち着いた感があるため、ちょっと雰囲気あるネクタイを探している方には人気です。
黒に近いミッドナイトブルーの下地は落ち着いた雰囲気が出るのでビジネス色の強いスーツによく似合います。
ブルー系のシャツでも良いですが、光沢感あるブロードかフランス綾の白シャツが王道ですね!
ご参考: シャツ 伊:CANCLINI社製 品番:SH701-06 KING

 ZN3-1012 地中海ブルー
>>> 下地となった地中海ブルーのサテン地が何とも爽やかで初夏のイメージにピッタリです。
明るいブルーは今年のトレンドカラーですから手軽にトレンド感を取り入れるならこのネクタイは便利です。
淡いブルーのシャツでも良いですし、艶感の出るフランス綾の白シャツとの相性なんかはきっと良いでしょうねぇ・・・
20代〜30代後半の方にオススメです!!
ご参考: シャツ 伊:CANCLINI社製 品番:SH702-06 PIAVE

 ZN3-1013 ラベンダー
>>> ラベンダーはそのパステル調の色合いからかやや子供っぽく見える傾向がありますが、この刺し子柄なら大人感が出てGoodですね。
色気を出していくなら淡いパープルの入った色目のシャツと合わせると良いですし、普段使いで洒落た印象を出したいなら濃いめのブルーのシャツに合わせると良いでしょう。
この辺の色合いのタイは毎日使うネクタイにはならないかも知れませんが、1本持っていると“ここぞ!”と言うとき使えますよ。
ご参考: シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-04 SKIN

 ZN3-1040 ドビー(ネイビー&ペールローズ)
>>> イタリアらしい紺と薄いローズ色の組合せで、Vゾーンを華やかに演出できます。
シャツは、ブルーピンク薄いパープルなどとも相性がよく、比較的スーツ地の色柄も選ばずコーディネートできます。
気分を上げてくれる色合いですから、今日は頑張るぞ!と言うときに活躍します。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH703-05 King

 ZN3-1041 ドビー(ライトブルー&ライトネイビー)
>>> 爽やかなライトブルーと薄い紺地のネクタイは、同系色でまとめられておりますので、明るい色使いでありながらも、まとまった印象を与えてくれます。
白のシャツでプレーンにコーディネートするか、濃ブルーシャツで爽やかに引き締めるか、2通りの着方が楽しめそうですね。
顔もとを明るく華やかになりますので、女性からの好感度アップも確実です!
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH701-02 Piave

 ZN3-1042 ドビー(ラベンダー&ネイビー)
>>> 紺地をベースにラベンダー色の薄い紫を施しているネクタイ。
このラベンダー色は、日本人にとても似合う色ですから、一本は持っておきたいネクタイです。
格子柄が立体感のある仕上がりになりますので、高級感も演出してくれます。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH707-01 Argento

 ZN3-1043 ドビー(モーブ&ネイビー)
>>> 重厚感のある素材感に、紺をベースとした爽やかなブルーは、高級感を出しつつ、遊び心を演出したネクタイに仕上がっています。
ネクタイは、人に与える印象をがらりと変えてくれるアイテムですから、このような爽やかなネクタイは特に20-30代の独身男子にはマストアイテムの1つと言えるでしょう。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH707-03 Argento

 ZN3-1005 デニム調 花柄
>>> メンズで花柄?と聞くと腰が引けてしまいそうですが、これぐらいの小さな花柄でしたら抵抗がなくなるのではないでしょうか?
今年トレンドのデニム調の下地にドビーのシンプルな花柄、紺ブレなどに合わせれば最強のコーディネートになります。
シャツも白シャツから淡いブルー系のシャツまで、ストライプが入っても全く違和感なくお召し頂けます。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH702-03 PIAVE

 ZN3-1007 デニム調 小紋柄(ブルー×ネイビー)
>>> デニム調の上に白と、ブルーの小紋をあしらったネクタイ。
小紋が入ることにより、華やかな印象になるため、ブルーの色合いと相まって爽やかな雰囲気のVゾーンを演出できます。
グレーのスーツや、紺のスーツにオススメで、どことなくモダンな印象を与えてくれます。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH705-07 Piave

 ZN3-1035 ドビー ネイビー小紋
>>> トレンド感のあるネクタイを付けたいけれど、上司に嫌味を言われたくないなぁ...
という人にお勧めなのがこの小紋のネイビー柄。
それは、、、トレンドカラーを使いつつも、絶妙に1トーン落とした色合いのためほんの少し落ち着きが増しているから。
遠目には無地に見えますし、近くで見ても小紋柄は表面の凹凸感から高級感が出ますのでこれならウルサイ上司もOKでしょう。
派手さはありませんが、ストライプのスーツやブルー系のシャツとの相性はバッチリです。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH707-04 Argento

 ZN3-1036 ドビー スカイブルー小紋
>>> 爽やかなスカイブルーの下地に少し落ち着かせた小紋柄。
比較的落ち着いた柄ですが、こういったタイはシャツやスーツを引き立たせる側に回ります。
上品なブルーのシャツや紺系のストライプスーツなど、スーツやシャツの柄を引き立たせたいときはネクタイを敢えて主張させずシンプルにするもの。
ネクタイを中心に考えず、スーツやシャツを中心に考えてみると良いでしょう。
ご参考: シャツ 英THOMAS MASON社製 品番:SH711-03 REGENT 

 ZN3-1037 ドビー ラベンダー小紋
>>> 光沢感あるラベンダーカラーが目を引く色気のある色柄です。
色目は派手でも柄がシンプルなため意外とストライプ系のシャツとの相性が良さそうですね。
ブルーストライプシャツでも良いですし、トレンドのネイビースーツに合わせるのも良し。紺無地のブレザーに合わせるときはちょっとアクセントを付けるため白かパープルのチーフを挿すのも良いでしょう。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH703-05 SUPER120

 ZN3-1038 ドビー ボルドー小紋
>>> 若い方が思わずグッと引いてしまいそうな力強いボルドーカラーのネクタイ。
“これを合わせる勇気はないな...”と思われるかも知れません。
でも、画像では分かりにくいですが、このボルドー色のタイ、ただのボルドー(=赤)ではなく、非常に深みのあるボルドーです。
またプリント柄のような安っぽさがないドビー織りですから、意外と落ち着きがありまた高級感も出ます。
ボルドー系のネクタイは力強い印象を与えます。若い方でもチャラチャラ見られたくない硬派にお勧めです。
ミドル世代の方は赤のネクタイの力強さはもうご承知ですよね!?
ご参考: シャツ 英THOMAS MASON社製 品番:SH712-03 HERRIN

 ZN3-1039 ドビー ゴールド小紋
>>> ポールスチュワート辺りのブランドが好きな方でしたらグッと来るのではないでしょうか?このゴールド小紋
ゴールドと言っても派手派手な金色ではなく、ベージュとブラウンがかったなかなか良い色合いです。
ドビー織りならではの高級感がありますから、あわせやすいのが特徴ですが、特にベージュのコットンスーツとの相性やグレイ系のスーツとの相性は良さそうですね。
初夏を過ぎ日差しが強くなった頃、ヘビーユースしそうな色柄です。
ご参考: シャツ 伊ALBINI社製 品番:SH910-07

 ZN3-1022 小紋柄(ライムイエロー&グレー)
>>> 春らしいライムイエローがVゾーンを華やかに、そして爽やかに演出してくれます。
コットンスーツなどの淡い色のスーツ地に合わせても良し、濃い色のスーツに白や爽やかブルーシャツに合わせても良し、とアクセントカラーに気軽に使える1本です。
こういったタイは20代の若者より30代前半ぐらいの洒落たセンパイに締めて頂きたいんじゃないでしょうか?
ご参考: シャツ 伊ALBINI社製品番:SH912-01

 ZN3-1023 小紋柄(ライトネイビー&ホワイト)
>>> ブルー地に白の糸を使って枠組みされた小紋柄ネクタイ。
ブルーと白のコントラストが心地よい配色のため、若い方から、年輩の方まで幅広くご愛用できます。
幾何学模様のため結構フォーマル度も高いですから、紺系のスーツ&白シャツでも良いですし、トレンド感のあるネイビーブルーのスーツとの相性もばっちりです。
ご参考: シャツ 伊ALBINI社製品番:SH913-06

 ZN3-1024 小紋柄(ネイビー&ストロベリー) 
>>> ネイビーに明るい赤を添えた配色で、どちらかというとVゾーンでアクセントをとりたいときに有効な攻めのネクタイ
スーツ地の色によってまるっきり表情が変わってくるので、マンネリ化したコーディネートの方にはおすすめです。
紺系のスーツなら力強い印象を与えますし、シャツも白はもちろん淡いブルーから淡い色合いならピンク、パープル系の色目まで幅広く似合います
幅広く使えるのはこのネクタイが、サテンの素材と複雑なドビー織りで出来ているため玉虫色に見えるからかも知れません。
ご参考: シャツ 伊ALBINI社製品番:SH913-07

 ZN3-1025 小紋柄(ネイビー&ゴールデンイエロー) 
>>> ネイビーに爽やかなイエローを合わせたネクタイで、補色という反対側の色を使うことにより、コントラストが大きくなり、元気な印象を与えてくれます。
質感も重厚なところが、遊び心上品さを演出しています。
トレンド感あるネイビーブルーのスーツとの相性もバッチリですし、ブルーグレイの色合いにも似合います。シャツは光沢感のあってフォーマル度があるヘリンボーン柄辺りが似合いそうですね。
ご参考: シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH713-01 ROYAL TWILL

 ZN3-1026 小紋柄(サックスブルー&スカイブルー) 
>>> さわやなかサックスブルーに、更に明るいブルーで同系色ながら彩度でコントラストを出したネクタイ。
同色系の青でまとめているため、シャツやスーツの色柄を選ばずに気軽にコーディネートしてみてください。
特に淡い水色のシャツとの相性はトレンド感もありますし、若さ、爽やかさが出て素敵に映りますヨ。。
ご参考: シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH713-01 ROYAL TWILL

 ZN3-1027 ジャカード小紋柄(ダークネイビー&ホワイト)
>>> 生地の織り柄の上に、白の細かいドットを集めたネクタイ。
一見遠目から見るとシンプルな柄のネクタイですが、よく見ると、陰影がつきドビー織りならではのとても凝った織りがご覧頂けます。
色味はダークネイビーですから、凛々しく引き締めたい時にオススメの一本です。
紺無地のスーツですとちょっと地味になりますからストライプ系のスーツに合わせると良いでしょう。
ご参考: シャツ 英:THOMAS MASON 品番:SH713-01 ROYAL TWILL

 ZN3-1028 ジャカード小紋柄(ウルトラマリンブルー&ホワイト)
>>> 鮮やかなブルーに細かく織り柄を施したネクタイ。
色鮮やかなブルーは、自分の気持ちを盛り上げたいときにとても有効です。
若い方はもちろん、ミドル世代の方にも是非チャレンジしてほしいアイテムです。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH700-05 Jeny

 ZN3-1029 ジャカード小紋柄(藤紫&ホワイト)
>>> 爽やかな藤紫色の一本。
色合いのトーンも明るめにすることにより、さりげないVゾーンの主張を演出してくれます。
ジャカード織りにすることにより、色合いの華やかさ上品さある仕上がりになります。
初夏になり日差しが強くなった頃の薄いグレーやネイビーのスーツに特にオススメです。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH700-05 Jeny


◆ペイズリー柄ネクタイ
>>> トレンドが終焉してかれこれ25年ぐらいは経過したでしょうか?
しかし、最近このペイズリー柄が注目されています。
それもそのはず当時のトレンドをご存知の方は既に40代半ば以上の方。
ファッションリーダーの20〜30代の皆さんはご存じないですからね...
今シーズンはベーシックなサイズをご紹介します!

 ZN3-1044 ペイズリー(ネイビー&ゴールドイエロー)
>>> ネイビーの下地に元気なゴールドイエロー色のペイズリーを施したネクタイ。
ネイビーとゴールドという反対色を使った織りのため、ネクタイを締め立体的になると玉虫色感が出てきて高級感が増します。
コントラストがハッキリとしているため、Vゾーンを若々しく演出してくれるのも良いですね。
晴れた日には、これ位コントラストのついたネクタイをしていきたいものですね。
ご参考: シャツ 伊CANCLINI社製 品番:SH704-03 Piave

 ZN3-1045 ペイズリー(ライトネイビー&スカイブルー)
>>> ライトネイビーのサテン地に色鮮やかなスカイブルーを配色したペイズリー柄ネクタイ。
ペイズリーは、ここ数年また人気が出てきているトレンド柄の一つです。
鮮やかなライトネイビーに気持ちの良いスカイブルーのペイズリー柄がキュートかつクールな印象にVゾーンを引き立たせてくれます。
柄の中にある白い部分が白シャツとの相性を増すため、光沢感ある白シャツに合わせるのが良さそうですね。
ご参考: シャツ  伊CANCLINI社製 品番:SH705-07 Piave

 ZN3-1046 ペイズリー(ライトネイビー&つつじ色)
>>> 一見、ライトネイビーにつつじ色を施しているためか、派手な印象を与えがちですが、その辺のカラーバランスはさすがイタリア!と言ったところでしょうか。
ライトネイビーのサテンを地にすることにより、見る角度によって色味が変わるシャンブレー調になり、深みのある仕上がりになっています。
ご参考: シャツ  英:THOMAS MASON 品番:SH712-03 HERRIN

 ZN3-1047 ペイズリー(シャンパンゴールド&金茶色)
>>> シャンパンゴールドのサテン地に、金茶色のペイズリーを配色しているため、落ち着いた印象を与えると共に、華やかな印象を与えてくれます。
重厚感もありますから、高級感と、少し遊び心を演出してみては、いかがでしょうか。
ライトグレーのスーツや、ライトネイビーのスーツとも相性抜群ですから、結構重宝します。
もちろん夏のプールサイドディナーで着るリネンのスーツに合わせても最高にカッコイイですよ。
ご参考: シャツ 伊ALBINI社製品番:SH911-03



以上
今シーズン仕入れましたネクタイをご紹介いたしました。
いかがでしたか?

全商品お値段は1本4,980円(税込)です。

どれも高級感も若々しさも出ていてなかなか良い柄だと思います。
こういったネクタイはシャツとの相性も大切と思い、シャツ地と重ねて写真撮影しましたがご参考になりましたでしょうか?

仕入れ本数が少ないため品切れが予想されます。