HOME>新着レポート バックナンバー集>2014年春夏新柄ネクタイ入荷
オーダースーツのヨシムラ
新着レポート

 2014年春夏新柄ネクタイ入荷
 ご好評頂いているイタリア製生地を使用したオリジナルネクタイ
ようやく春夏シーズンの新柄約40柄が入荷しました。

イタリアのメーカーに対して、日本のファッショントレンドを説明しつつ、欧州のトレンドを加味して柄を決めたオリジナルネクタイ
ベーシックなネイビーグレーの他、春夏らしいパステル系の色目や、差し色としてのグリーンなどちょっとだけ冒険もしています。

比較的どんなスーツにもあわせやすい色柄にしています。

ネクタイの色柄のトレンドはよく景気に左右されると言われ、不景気なときはダークトーン、景気が良くなると明るめの色合いが重宝されます。
今期は景気回復を祈願して?明るめのトーンを多く取り入れましたので是非お試し下さい!

物作りの店では、ファッショントレンドが行きすぎたナローなシルエットから英国調の原点回帰していることもあり、襟幅は標準的な8.5cmに。
また、締め心地もディンプルがしっかり出来て、高級感が出るよう芯地もしっかりとした物を使っております。
お値段は1本 4,800円(本体価格)
スタッフイチオシの商品の仕上がっていますので是非お試し下さい。



なお、メーカーは今回もイタリア コモにある1898年創業のCATENA社です。

少人数の家族経営的な機屋(はたや:生地織りメーカー)ですが、他品種小ロットの生産が出来るため、日本国内の各セレクトショップがこぞって利用しているメーカーさんです。
品質的にはシルク100%素材を中心に凝ったジャカード織りが得意で、価格的には国内販売価格が7,000〜8,000円(つまりセレクトショップの上級ラインの価格帯)の物が作っています。

それでは以下新柄商品のご紹介です。
ご注文等は品番をご連絡頂ければネットでも承っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。。
>>>ご注文はこちらまで

◆無地ライクネクタイ

>>> あると便利な無地系&無地ライクネクタイ 。
無地系ネクタイは最近は特に20-30代の若者に人気。
シンプルですが上品さが備わった無地は余計な色柄がない分、スーツが引き立ち、またネクタイの品質が良く分かります。


 ZN4-1023 無地ライク(ネイビーピンドット)
>>> ピンドット?・・・等間隔に針の頭を並べたようなイメージから出来た模様です。
スーツ用の服地でも注目のピンヘッドをネクタイにすると、こんな表情に。欲しくてたまらないアイテムが出来あがりました。
極小のジャガード織りは、艶やかなダークブルーにイエローゴールドの糸を忍ばせました。ハッキリとした対似色の配色は爽やかさの他、いきいきとした力強さも感じさせます。少しだけ可愛らしさも感じるシリーズは3色ご用意しています。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH703-5 KING(ラベンダーストライプ)

 ZN4-1024 無地ライク(琥珀色ピンドット)
>>> 明るいブラウンのベースに均等に配列されたイエローゴールド
遠目には、カッパー(銅色)に見えるこだわりの一品です。
一見、無地にも見える程、細かなジャガードもしっかりと織り込まれた糸がツヤツヤとした光沢感を発し、高級感を醸し出します。
人とは違ったおしゃれアイテムとしてぜひおすすめです!コットンスーツジーンズなどにも使い回しのきく1本です。個性を出しながら色々楽んで下さいね!
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH711-5 REGENT(白地グレイストライプ)

 ZN4-1025 無地ライク(リーフグリーン ピンドット)
>>> 日本を代表する花木でもある椿(TUBAKI)
鑑賞意外にもツバキ油、材は楽器などにも使われる万能的な植物。春に花を咲かせ、エネルギーに満ちあふれた葉の色をイメージに、ネクタイのベースに取り込みました。
ZN4-1023と同じ様に、イエローゴールドとはセパレーションの配色。
色の組み合わせにより、カジュアルよりの可愛らしい表情に仕上げています。固くなりすぎない着こなし、軽めのジャケットコットンパンツにも合わせやすいアイテムです!
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH707-2 Argento(ブルー地ストライプ)

 ZN4-1026 無地ライク(シャインネイビー)
>>> 無地のネイビーは、何本持っていても困らない!という言葉は皆さん耳にした事も多いと思います。
なぜなら、ネイビー無地のネクタイに合わせられないスーツやシャツはない!といっても過言ではないからです。
そこで、無地は無地でも独特な風合いが持ち味のネクタイがこちら。
金箔(色は紺ですが...)を張り付けたようなこのシリーズは、素材感の良さで早期完売すること間違いなし!な一本です。
迷ったらお早めに現物を目で見て、手で触ってみてください。
その手の中にある内に買っておいて後悔なし!な一本です♪
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH711-4 REGENT(ラズベリーストライプ)

 ZN4-1027 無地ライク(シャインブルー)
>>> こちらも上のシャインネイビー同様完売間違いなしの一本。
光の反射によって明るく見えたり、濃く見えたりと本能的に引きつけられる魅力の持ち主がこちらです。
爽やかなこの色のネクタイを探そうと思っても恐らく同じ色のネクタイには出会わないかもしれません。
そのくらい絶妙なカラーバランスですから、是非お早めにご覧下さい。
素材感の凹凸感から、ジャケットパンツスタイルにも良いですし、今流行の柄物ジャケットにバッチリですから、汎用性という面でも厚くカバーできているアイテムです。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH701-6 KING(二重格子柄)

 ZN4-1028 無地ライク(シャイングレー)
>>> 上二つのブルー系とはうって変わって、無彩色であるクリアなシルバーのネクタイがこちら。
何に合わせようかなぁ、、、と思い、色々な生地に合わせてみると、スーツやシャツが生きるんです!
表に出るガッツリ系ではありませんが、柔軟にスーツやシャツの良さを引き立たせてくれる色だったですね...
脱帽です。 合わせてみて絶妙だったのは、シャツではロンドンストライプのようなハッキリ目のストライプ。
スーツやシャツなど、主張が少し強めなコーディネートの時に、「引き算」としてバランスをとるアイテムとして是非ご活用下さい。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH713-4 ROYAL TWILL(グレイ地グリーンストライプ)

 ZN4-1029 無地ライク(シャンパンゴールド)
>>> またまた売り切れ必至なアイテムを紹介させていただきます。
ヴィンテージ感漂う色合いと、どこか落ち着いた高級感があるネクタイがこちら。
保守的なスタイル・職場の方は、濃いめのスーツに白シャツを合わせて、、、
少し自由なスタイル・職場の方は、明るめのグレースーツや、ネイビースーツに合わせて、薄いブルーのシャツに合わせて...
と、何といってもシャツとの相性が最高なんです!
もちろんスーツとの相性もバッチリなのですが、シャツとの調和感を是非お楽しみ下さい。
様々なシーンや、スタイルに高級感を加える調味料として愛用できること間違い無しのアイテムです♪
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH713-4 ROYAL TWILL(グレイ地グリーンストライプ)


◆レジメンタルネクタイ
>>> ナナメにストライプが入ったようなレジメンタルネクタイは爽やかな印象を与えるため春夏は特に人気の定番柄です。
光沢感あるサテン系の素材から下地をドビー織りにした凹凸感があり、高級感が出るものまで色々取り揃えました。

 ZN4-1030(レジメント ネイビー×オレンジ(ブルー)
>>> 濃紺の下地にオレンジブルーのラインが斜めに入るレジメントタイ。
景気が回復する年はトレンドカラーが明るくなりますから、ビタミンカラーのオレンジは力強さと共に、トレンド感を醸し出します。
ネイビーのレジメント柄ですからどんなスーツにも合いますし、紺ブレとのセットアップできるときも様になります。シャツも白からブルー、オレンジが近似色ですからアイボリーやイエロー系まで幅広くこなします。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH711-5 REGENT(白地グレイストライプ)

 ZN4-1031(レジメント ネイビー×パープル&グリーン)
>>> 皆さんがネクタイの色柄に求める物は何でしょうか?
力強さ?若々しさ?フォーマルさ?色気?色々あると思いますが、ネイビーのレジメントが一番主張するのは、力強さ若々しさ、そしてフォーマルさです。
紺系のスーツ、ブルーor白系のシャツ、どれに合わせても良い感じに仕上がります。
結び目に汗シミが出来てしまうぐらいヘビーユースしそうな今期最強の色柄ではないでしょうか?
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH705-3 DANDY80(白地フランス綾)

 ZN4-1032(レジメント ペールトーン×グリーン&ブルー)
>>> このネクタイを締める方はどんな方なのでしょうか?
仕入れた側としてとても楽しくなる色柄のネクタイです。
・・・というのも正直、このペールトーンは普通の人には勇気が必要な柄だからです。
SHOPスタッフ的にはリネンのシャツとか、少しドレスダウンしたシャツに合わせたり、ジャケット&パンツはコットンorリネン・シルク系で大見返しのジャケットなんかがベストです。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH707-2 Argento(ブルー地ストライプ)

 ZN4-1033 レジメンタル ネイビー×ホワイト
>>> 定番中の定番なのがこのネクタイ!ネイビー&ホワイトの間違いのない組み合わせ、レジメンタルネクタイはコーディネートで迷ったらまずこれを選んでしまいそうな柄、色使いの1本です。
ブルー、グレー、ブラックなどスーツの色も変えながら楽しいんで頂ける重宝するアイテムです。
ライトグレーのスーツに薄い色のワイシャツを合わせても変化が楽しめますよ!
プレゼン、商談など、ここぞという時にご利用下さい。
スーツ、シャツのストライプの使いすぎにはご注意です!
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH700-5 JENY(ブルー地ロイヤルオックス)

 ZN4-1034 レジメンタル ターコイズ×ホワイト
>>> スーツでも人気のブライトネイビーをネクタイでもご用意しました。さ
りげねくトレンドを取り入れたい方には、ぜひおすすめ!定番のレジメンタルが使いやすく、爽やかな印象をもたらします。
サテンのブライトネイビーは本当に綺麗。明るい雰囲気を出したいときにぜひ使って欲しい1本です。
スーツをお引き取りの際、お仕事帰りに店頭にお立ち寄りの際は、是非スーツ、ワイシャツと合わせてご覧下さい。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH701-6 KING(二重格子柄)

 ZN4-1035 レジメンタル ボルドー×ホワイト
>>> ワインカラーのレジメンタルネクタイは一見、派手に思われがちですが、スーツとのコーディネートの中では、胸元にエンジの色を添えることで良いアクセントになります。
主張しすぎない程度に引き締まった印象を与え、存在感をアピール出来るのがボルドーの良いところですね。
紺系のスーツ+白シャツに合わせて使えば王道とも言える着こなしに。
変化をつけたいときは、ライトグレーにライトブルーのシャツを合わせて良いのではないでしょうか
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-5 SKIN(ブルーストライプ)

 ZN4-1036 レジメンタル モスグリーン×ホワイト
>>> トレンドカラーとして注目されているモスグリーンをうまく使ったレジメントタイ。
グリーン系は、赤系の色との相性はあまり良くありませんが、その分ブルー系と合わせるととても洒落た感じになります。
ブルーのロンドンストライプのシャツやネクタイの下地(光沢感あるサテン)に合わせた光沢感のある白のフランス綾のシャツなどに合わせると品良くまとまります。
ネクタイはとりあえずネイビー!とばかり考えているとクローゼットは紺のネクタイだらけになってしまいますからこんな色のネクタイも1本どうぞ!
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH75-3 DANDY80 (白地フランス綾)

◆ストライプ タイ
>>> ナナメにストライプが入ったレジメンタルネクタイに対してストライプタイは線が真っ直ぐ下に落ちるデザイン。
ともするとアメリカンフットボールの審判員のイメージになりますが、その分、強い印象を与えます。
レジメントにはない力強さが欲しいとき、あなたを首元で支えてくれるそんな柄です。

 ZN4-1012 ストライプ ネイビー×シルバー
>>> ネイビー×シルバーは定番の組み合わせですが一般的なレジメントでなくストライプ柄にするととてもスタイリッシュなネクタイになります。
特にネイビー×シルバーの組み合わせはフォーマル感があり上品さを持たせつつ、スーツに対する良いアクセントになるそんな柄です。
オススメコーディネートは、紺ブレザーとホワイトパンツに合わせてマリンルックなど如何でしょうか?
爽やか好感度UP間違いなしです!!
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-5 SKIN(ブルーストライプ)

 ZN4-1013 ストライプ ネイビー×ブルー
>>> ストライプのブルーが大変鮮やかで、見る者に強い印象を与えることのできる1本です。
色の組み合わせは、シンプルながら縦ストライプにすることで、いつもと違うイメージになります。
色合わせとしては万能タイとも言えるネイビー×ブルーですが、見慣れたレジメントより強い印象を与えますので、ここぞ!といった時に使うとスーツにあわせやすく、かつ見る人からすれば[洒落ているなぁ...]といった好印象を与えること間違いなし!です。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH703-2 SUPER120(パープルストライプ)

 ZN4-1014 ストライプ ネイビー×ブラウン
>>> 前述の2本とは対照的に、とても落ち着いた印象のネクタイです。
ネイビーとブラウンで、大人のお洒落を演出したアズーロエマローネ的なイタリアらしいさを醸し出してくれるのがとても良い感じです。
イメージとしては20代の方というよりは30代前半の人、2プライススーツをとっくに卒業した方が一番楽しめる色柄ではないでしょうか?
ブラウンは、次のトレンドカラーですのでこの機会に是非試してみて下さい。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 
品番:SH713-2 ROYAL TWILL(シーグリーンストライプ)


◆小紋柄ネクタイ
>>> 無地系のタイと比べると少しオトナ感のある小紋タイ。
プリントのネクタイと違いジャカード織りの幾何学模様の小紋は表面の凹凸感が上質さ・高級感をにじませます。

 ZN4-1001 小紋ジャカード ネイビー
>>> ハニカム(蜂の巣織り)を変化させて、オリジナルのジャガード織りに仕上げました。
小紋柄は、概して控えめな印象を与えますがその分シャツやネクタイを合わせ易いのでとても便利です。
配色はトーン・オン・トーン、同系色でまとめていますので、プリントネクタイでは出せない立体感が一番のポイント!
角度によって色や光沢に変化をもたらします。
真っ白なワイシャツには、綺麗なブルーがハッキリと浮かびあがりとても好印象です。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH700-5 Jeny ロイヤルオックス

 ZN4-1002  小紋ジャガード コバルトブルー
>>> ネイビーのベースに、明るいコバルトブルーを織り込み、浮かび上がらせ立体感を出しています。
ジャガード織りならではの立体感ある高級感は、ダークブルーのスーツにもさりげなくトレンドカラーを差し込むことで、一気にVゾーンを爽やかな印象に変えてくれます。
ネクタイ芯を厚めにしていますのでしっかりとディンプルを作ってお使い下さい。
チャラチャラした印象とは打って変わってフォーマル度がグンとアップします。
コーディネートはネクタイが小紋柄の場合はストライプ系のシャツと相性が良いです。
合わせ易いだけにプレゼントにも適した1本です。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 品番:SH712-2 HERRIN(ブルーパープル)

 ZN4-1003  小紋ジャガード ブラウン
>>> 苦味のきいたビターチョコを思わせる小紋柄、ダークブラウンにこだわりました。
落ち着いて堅実ある中に、どこかぬくもりのある安心感を感じさせます。
ベースにダークブルーを使った事でジャガードの織り模様が立体的に浮かび上がります。
紺系のスーツにも良く似合いますし、ベージュライトグレーのスーツにもおすすめです。
シャツの色も変えながらいろんなバリエーションで楽しんでみてはいかがでしょうか?
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-5 SKIN

 ZN4-1004 小紋ジャカード(ブルー×シルバー)
>>> 遠目に見るとドット柄にも見えますが、ジャカード織りになっているため表面が立体的でその分高級感が出ます。
今年はプリント柄のネクタイも久し振りに注目されていますが、この凹凸感から来る高級感はプリント柄では表現できません。
色合いやや明るめのネイビーブルーは紺系のスーツブルーや白系のシャツとの相性も良く、若々しさ、爽やかさを醸し出し、使い勝手の良いネクタイになります。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-5 SKIN(ブルーストライプ)

 ZN4-1005 小紋ジャカード (シルバー小紋)
>>> シルバーのタイは涼しさと共に上品さ、フォーマル感を与えてくれる柄。
このタイならネイビー系に合わせればネクタイのシルバーがグッと引き締めてくれますから、いわゆるテッパンのコーディネイトになります。
シャツは画像のように淡いブルーや白が最適ですね!ネクタイの立体感や艶感に合わせるようにブロードのプレーンなシャツよりも少し表現力のある織り(フランス綾など)で光沢がある生地がシャツでは似合うでしょう。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-5 SKIN(ブルーストライプ)

 ZN4-1006 小紋ジャカード (カーマイン小紋)
>>> 普通の赤より少し力強いカーマイン色の小紋柄。
赤のネクタイは力強さを強調すると言って古くはJFケネディー大統領が好んで締めていましたが、そんな力強さが伝わってくるような色柄ですね。
柄も一辺が4mm程度の小紋ですから柄を気にせず使えます。
ネイビーのスーツ&白のシャツに合わせて着れば力強さ満点です。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 品番:SH712-4 HERRIN(パープル)

 ZN4-1007 小紋ジャカード (ブロンズ小紋)
>>> ブロンズカラーの下地にブラウンの小紋が配されたオトナの柄。
ブラウン系はミドル世代以降が似合うとお思いかも知れませんが、実は一番似合うのは若い方です。
イメージとしては20代後半〜30代前半ぐらいでしょうか。白や生成系のシャツに合わせて着れば、紺系スーツ×レジメントタイ軍団とファッション感度で差別化できます!
ご参考:シャツ 伊:ALBINI 品番:SH720-2 PIUMINO ブルーパープルストライプ

 ZN4-1008 小紋ドビー織り(ネイビー×赤ドット)
>>> 小花にも似たドットをちりばめた洒落たネクタイの登場です。
単純なドットではなく中心のシルバー系の小さなドットの周りに6つの赤いドットが取り巻くことで赤いドットを表現しているため、プリントとは違った柄の深みが出ています。
ドットタイはストライプのスーツなどと干渉し合わないため使い勝手が良く、あわせやすいですから、人へのプレゼントとしても適品です。
特に赤のドットは力強さを表現しますから、万人受けする色柄ですね。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH711-5 REGENT(白×グレイストライプ)

 ZN4-1009 小紋ドビー織り(ネイビー×コバルトブルードット)
>>> こちらは中心を取り巻くドットを淡いコバルトブルーにすることで爽やかな印象を作り上げています。情熱的な赤のドットとは対照的にクールさを醸し出すといったところでしょうか?
こちらも夏の白シャツ・ブルーシャツには相性バッチリですから上着なしで、コットンパンツに白シャツ姿の時に、重宝しそうです。
スーツならライトグレーのスーツに合わせると涼やかで清潔感あるコーディネートになりますね。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH706-5 SKIN(ブルーストライプ)

 ZN4-1010 小紋ドビー織り
       (バーガンディー×シャンパンゴールドドット)
>>> 高級感のあるワインのような深いバーガンディーシャンパンゴールドの組み合わせの贅沢な色合わせです。
バーガンディーは、赤と青の中間色ですから紺系でもグレイ系でもあわせやすくコーディネートしやすいのが特徴。
忙しい朝に、「必殺のネクタイ」となるほどスーツとシャツの色を選ばない万能タイとなりますので、様々な組み合わせをどうぞお楽しみください。
年齢層は若い方の方が似合いそうですね。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH713-2 ROYAL TWILL(シーグリーンストライプ)

 ZN4-1011 小紋ドビー織り(グリーン×ブルー&シルバードット)
>>> トレンドのアースカラーと呼ばれているグリーン(木)とブルー(海)を使った小粋な色柄です。
見る者にリラックス感を与えることのできるグリーンは、仕事でもよく使うネイビーの定番スーツとの相性バッチリです。
最初は、「難しそう」と思われる方が多いですが、1度使うと病みつきになります。
コーディネートもドットにブルーが入っていますので紺系の色目にあわせやすく紺ブレなどに合わせるのが基本ですね。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 品番:SH712-4 HERRIN(パープル)

 ZN4-1015 小紋柄ドビー織り
       (クリアシルバー×ダークネイビー+ライトブルー)
>>> 小紋柄のネクタイは、スーツやシャツの柄を選ばないアイテムです。
その分、カラーバリエーションでコーディネートを楽しく選んでいきましょう。
このネクタイは、明るい高級感のあるシルバーにかなり濃い紺を合わせて、更に爽やかなブルーをドットに入れているのがポイントです。
爽やかなブルーは、色味自体非常に鮮やかですが、ドットでカラーアクセントとして配置しているところが、イタリア的センスの賜物です。
特に合わせて頂きたいスーツは、「ネイビースーツ」。
暑い夏を爽やかなネクタイで合わせて、爽やかな気分で出かけましょう!
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH707-5 Argent(ブルーストライプ)

 ZN4-1016 小紋柄ドビー織り
       (ワインレッド×ネイビー+ライトブルー)
>>> 高級感のあるワインレッドは、コーディネートのぴりっとしたアクセントに最適なアイテム。
スーツ地は、ネイビーを中心にライトネイビーや、ライトグレーなど、少し明るめな色味のスーツに合わせると生き生きした印象に仕上がります。
このような小紋柄は、シャツの柄も選ばずストライプのシャツにもバッチリです。
ドットで入った水色のアクセントも「男の隙」として生きて参りますから、手軽な一本としてご活用ください。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH703-2 SUPER120(ラベンダーストライプ)

 ZN4-1017 小紋柄ドビー織り(ゴールド×エンジ+スカイブルー)
>>> 一見派手?...という印象のこのネクタイ。
ところが、ライトネイビーやライトグレーのスーツに合わせるとVゾーンのアクセントとなり、濃いめのネイビーやグレー似合わせるとエレガントな雰囲気が出てくるのです。
パーティーシーンに特にオススメしたいアイテムですが、今日は元気に行こう!と思う日にもバッチリな一本ですから、ワードローブの一部として加えてみてはいかがでしょうか?
男性は装う部分が少ない為、このようなワンポイントアイテムで幅広いネクタイを持っていると周りからも注目を浴びること間違いなし!
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 
品番:SH707-5 Argent(ブルー×ホワイトストライプ)

 ZN4-1018 小紋柄ドビー織り
       (ヴィンテージゴールド×ミディアムブラウン)
>>> 絵画から出てきそうなまとまった色合いが特徴のドビーネクタイ。
ヴィンテージゴールドとミディアムブラウンの相性がイタリアの絵画を思わせる出来上がりとなっています。
 このようなブラウン系のネクタイは、ネイビーのネクタイに次ぐコーディネートのしやすさが特長だと言うことをお気づきですか?
想像してみて下さい。
紺地のスーツや、グレー地のスーツ、千鳥格子やグレンチェックのスーツ地にもばっちりです。
Vゾーンをこのような落ち着いた色味のネクタイで、アクセントをとって上級者スタイルを楽しみましょう!
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 品番:SH712-4 HERRIN(ラベンダー)

 ZN4-1019 小紋柄(シルバー×ネイビー)
>>> どことなく「和」のテイストを感じさせるネクタイの登場です。
シルバーにネイビーを加えて落ち着きを出し、どのようなシーンにも対応できる個性のある柄ですが使い勝手の良い1本に仕上げております。
紺系のスーツに合わせるより、ライトカラーのスーツに合わせてお使いになられた方が、胸元のアクセントになって洒落た感じになるのではないでしょうか。是非お試し下さい。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH701-6 KING(2重格子)

 ZN4-1020 小紋柄(シルバー×ブルー)
>>> シルバーに鮮やかなブルーで柄を入れ“江戸切子”をイメージさせる、大変涼やかな仕上がりですね。
見る相手に涼しさを感じさせ、夏場の印象アップにつながること間違いなしのネクタイです。
スーツにはもちろん、ホワイト系やライトブルーのジャケットに合わせ、お洒落な着こなしをどうぞお楽しみ下さい。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH707-2 Argento(ブルー地ストライプ)

 ZN4-1021 小紋柄(シルバー×グレー)
>>> 一見フォーマルタイ?と思えるような上品なシルバーとグレーのネクタイです。
この柄は、仕事だけではもったいない!!
是非、これからの時期多くなるご結婚式やパーティーなどでもお使い下さい。
ダーク系のスーツに合わせていただければ、Vゾーンを軽やかに演出できますのでこれからの季節大活躍することでしょう。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH707-2 Argento(ブルー地ストライプ)

 ZN4-1022 小紋柄(シルバー×ブラウン)
>>> トレンドを意識したシルバーとブラウンの洒落た色柄ですね。
艶感があり、発色も良くイタリア生地らしい独特の高級感が漂っています!!
ネイビー系のスーツにはアズーロマローネ的な文句なしの組み合わせになります。
また、クールビズシーズンはボトムがベージュなどが多くなりますから、ブラウン系のネクタイはコットンパンツ用に1本持っておくと意外と合わせ易く便利です。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH703-5 KING(ラベンダーストライプ)



◆ペイズリー柄ネクタイ
>>> トレンドが終焉してかれこれ25年ぐらいは経過したでしょうか?
しかし、最近このペイズリー柄が注目されています。
それもそのはず当時のトレンドをご存知の方は既に40代半ば以上の方。
ファッションリーダーの20〜30代の皆さんはご存じないですからね...
今シーズンはベーシックなサイズをご紹介します!

 ZN4-1039 ペイズリー ブルー
>>> 深いオリエンタルブルーのサテンの下地に織り柄ペイズリー。
表面感あるサテンの下地にジャカード織りで配されたペーズリーは何か浮き上がってくるような立体感があります。
少しずつ人気が上がっているペイズリー。初めてチャレンジされる方には扱いやすい色柄ではないでしょうか?
スーツは紺系、グレイ系どちらもOK。
シャツも白でも青でも、結構万能選手として使えます。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH713-2 ROYAL TWILL(白地グリーンストライプ)

 ZN4-1040(ペイズリー ベビーブルー)
>>> 淡い空色のことをベビーブルーと言いますが、微妙なベビーブルーにココアブラウンのペイズリーが配された絶妙の色合い。
ペイズリーはかれこれ25年ほど前に人気を博した柄ですが、最近リバイバルブームで人気が出てきています。
大柄でないところが今風のペイズリーといったところでしょうか?若い方に人気です。
濃いブルー系のシャツに合わせたり、紺系のスーツに合わせるとGOODです。
もちろん白のシャツでもバッチリです。
ご参考:シャツ 伊:CANCLINI 品番:SH703-5 KING(ラベンダーストライプ)

 ZN4-1041(ペイズリー シャンパンゴールド)
>>> 上品な淡いシャンパンゴールドのサテン地に、薄紅色のペイズリー柄 ベースはベージュ系ですが柄の部分が薄紅色ですから、ピンク系のシャツとの相性はとても良いですね。
またサテンの生地は光沢感がありドレッシーですので、画像のような光沢感あるフランス綾の白無地の生地などと合わせるととても上品に美しく!まとまります。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 品番:SH11-1 CAVALLERY(白フランス綾)


◆花柄
>>> 景気が良くなると、ファッションの色合いは明るくなりますが、その中で注目されているのが花柄ネクタイ
花柄というと、どうしても敬遠しがちですので、織り柄で花を表現した上品な柄だけを厳選しました。
ペイズリーとは違った華やかさをお楽しみ下さい。

 ZN4-1037 花柄(空色×琥珀色)
>>> 上品なカラーバランスからフラワーモチーフ柄の登場です。
男性のコーディネートに不可欠なネクタイで、このようなアイテムを使用する大人の余裕は、頑張っているコーディネート!ではなく、さりげないエッセンスになってくれます。
少しあわせづらいなぁ、、、なんて思った方は、是非お試しで一度鏡に合わせてみてください!
何とも言えない上品な色合いと柄がエッセンスとなり、全体的にまとまりがありつつもVゾーンのアクセントが高級感あるコーディネートに出来上がります。
スーツの色合いは特に選ばないのですができれば、無地のスーツ地にシャツは無地またはストライプのシャツを合わせることをおすすめします。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 
品番:SH712-2 HERRIN(ブルーパープルヘリンボーン)

 ZN4-1038 花柄(ライトゴールド×コバルトブルー)
>>> 全体的には雰囲気のある薄いゴールドをもとにして、エッセンスとなるのが絶妙な青を取り入れたネクタイ。
実にイタリアらしい高級感と色気、そしてハズシとしてフラワーモチーフがネクタイ単品でも完成度が高いアイテムに仕上がっています。
オススメは白の無地や織り柄の入ったシャツに、ライトネイビーのスーツを合わせたいところ。
無地ネクタイ、レジメンタルネクタイ、小紋柄ネクタイ、ペーズリー柄ネクタイ...とひしめく競合をうち負かす一本となっておりますので、まずは鏡で合わせてご検討下さい。
「そのネクタイいいねっ」と特に女性からの反応が良いアイテムです。
ご参考:シャツ 伊:THOMAS MASON 品番:SH712-4 HERRIN(ラベンダーヘリンボーン)



以上
今シーズン仕入れましたネクタイをご紹介いたしました。
いかがでしたか?

全商品お値段は1本4,800円(本体価格)です。

どれも高級感も若々しさも出ていてなかなか良い柄だと思います。
こういったネクタイはシャツとの相性も大切と思い、シャツ地と重ねて写真撮影しましたがご参考になりましたでしょうか?

このネクタイは東京店、大阪店で取り扱っておりますが、在庫状況によっては品切れが出ますのでご希望の方はお気軽にWeb担当までお問い合せ下さい。