お客様ありがとう|オーダースーツのヨシムラ

服地の本場大阪谷町で生まれ、東京神田の生地屋街で育ち...はや

vightextopロゴ

MADE TO ORDER オーダースーツのヨシムラ

オーダースーツのヨシムラ >> お客様ありがとう >> Cool!! Vintage style ~ベージュスーツの完成~

お客様ありがとう

2018年7月20日更新

Cool!! Vintage style ~ベージュスーツの完成~

7月中旬、例年ならばもう長い梅雨が明けて、いよいよ夏ですね!というご挨拶になるかと思いますが、今年の梅雨は驚くほどあっという間に明けてビックリです!
ジメジメとした鬱陶しい雨の日々は落ち着いたかなぁ~と感じますが、逆に毎日ムシムシとした厳しい暑さが続きますね。

ただ、真夏の暑さはまだリハーサル段階で只今調整中というところでしょうか。
本気の暑さはこれからやってくると思うと、もう本気出さなくていいよぉ~と、、、
8分くらい、いや5分くらいで手加減して、、、と最早嘆きたくなってしまいます。

それにしても本当に暑いですね、、、、毎日汗だく。皆さんも熱中症には十分お気をつけ下さいね!

さて、そんな厳しい暑さを涼しく、そして爽やかに演出してくれる、待ちに待ったTさんの『ヴィンテージスーツ』が完成しましたのでご紹介いたします☆

只今絶賛、いや大絶賛!!!オープン中の『ヴィンテージショップYOSHIMURA』の魅力たっぷりなVintage生地達から、モヘア混でシルバーに艶めくベージュ生地をお選びになったTさん。

一体どんなスーツに仕上がったのか?!気になりますよね???
それでは、満を持してTさんに登場していただきましょう☆

*ご注文までのやり取りをお客様いらっしゃ~いでご紹介しております。
 先に読んでいただくとより楽しめる内容となっておりますので、是非ご覧下さい!
『Welcome to Vintage Shop ヨシムラ』 ←こちらをクリック♪

ヴィンテージ生地とデザイン

ウールモヘア混生地

登場してもらいましょうと言いつつ、(汗)先ずは今回お選びになった生地が出来上がったらどうなったのかを分かり易くするためにザッとおさらいをしていきましょう!
年代、ブランドは分かりませんが、今では希少なMADE IN ENGLANDウールモヘア混生地をご選択。モヘアといえば生地にシャリ感がありサラりとした肌触りですが、これがヴィンテージ生地になるとバリバリのある意味ごわついた生地になります。この独特な感触は是非店頭で皆さんにも体感していただきたいなと思います。
是非店頭にお越し下さい!と、さり気に宣伝も挟ませていただいておりますが、、、、
(汗)次は仕様の振り返りです。

☆ジャケット
基本デザイン

シングル段返り3ツ釦

衿型

ノッチドラペル 衿巾 8.5cm

ベント

サイドベンツ

フロントカット

レギュラー

腰ポケット

ハッキング

袖ボタン

5個重ね本切羽ナットボタン使用

ステッチ

総ステッチ

☆スラックス
タック

1タック

腰ポケット

ナナメ

ピスポケット

レギュラー

裾口

ダブル4.5cm

サイズ感

リラックス感を演出する太め

マークが付いているところが今回のポイントです。

さてさて、ご紹介した生地と仕様がどんな感じに仕上がったのか、今度こそTさんに登場していただきましょう☆

ジャケット編

まず、皆さんに謝りたいと思います。すみません!フィッティングに夢中で全体の仕上がりを撮るのを忘れてしまいました、、、、(涙)
しかし!今回のご注文のポイントは、『ヴィンテージだけどデザインはあまり大げさにいじらずに細かなところを少し変えたい』でして、
その細かなディテールが重要かと思いそこを中心にご紹介します!

それでは今回のこだわりポイントをご紹介します。

(1)『総ステッチ』
さてスーツですと、上着のフロント(ラペル、腰、胸ポケット)にステッチを入れる方が多いかと思いますが、今回の趣旨である『細かな変化』を楽しむにはもってこいのこの『総ステッチ』
背中の中心と袖にステッチを入れることにより、縫い目が『方倒し』になりステッチを入れているところに、段差が付いたような立体感とメリハリが付き一味違うジャケットの雰囲気を演出しています。
それにしても、なんてステッチ栄えのする生地でしょうか☆
Tさんも『ステッチが効いてるねぇ~♪これはいいねぇ~!』とご満悦です!
総ステッチ
総ステッチ
今回はフロントにアクセントを付けたかったので、
本来入らないダーツにもステッチを施しました!
なかなかGOOD!!!! な出来栄えです♪
総ステッチ
総ステッチ
総ステッチ
総ステッチ
(2)『袖口ボタン5個重ね本切羽』

袖口ボタン5個重ね本切羽

さりげない変化を目指す今回のお仕立て。
袖口のボタンの数も少し遊びを加えてなんと『5個』にしました。
ボタンが多すぎるとなんだかボタンだらけに見えてしまいがちですが、
そこは重ねることでクリア。普段あまり注目しないところにフォーカスしてみました☆
ナットボタンがいい味を出していて、生地ともBEST Match!!! ですね☆

(3)『神は細部に宿る』ペイズリー裏地
Tさんの『いつかこの裏地を使いたい』という念願のペイズリー裏地をチョイス☆
表地との相性も抜群で、裏地が生地を、生地が裏地をそれぞれ際だたせてくれていますね。
夏の風が吹くふとした瞬間にチラリと覗く爽やかな青。また光の角度によって違う表情を魅せてくれる裏地はまさにNice Choice!!! です☆
『神は細部に宿る』ペイズリー裏地
『神は細部に宿る』ペイズリー裏地
スラックス編
お色も涼しげなベージュですし、夏のリゾート気分を楽しむサイズ感で。
また、ヴィンテージと言っても30’sスタイルまではやりすぎですから、程よいリラックス感でヴィンテージスタイルを楽しめるサイジングを目指してみました。
今回のテーマでもある、『ヴィンテージだけど大げさなデザイン、サイジングにしない』を表現でき全体的なバランスもSO GOOD!!! ですね☆
今年も引き続きトレンドでもある『クラシック』に挑戦したい方には参考になるサイジングかなと思います。

お渡しを終えて、Tさんと今回のスーツについて恒例の総評です。
スラックス
スラックス
Tさん このヴィンテージ生地にして正解だったね!生地感も雰囲気も予想以上だよ!
そうですね。ヴィンテージ生地は、現行品には無い雰囲気、そして何よりも仕立て上がった時の何て言ったらいいのか、驚きや発見があって面白いですよね!
Tさん うん。どこを探しても見つからないオンリーワンなスーツに仕上がって嬉しいなぁ ~☆
気分も良いし、このまま着て帰ろうかな(笑)
モヘア混でサラリとしいますし快適ですもんね(笑)気に入ってもらえて僕もうれしいです。ありがとうございます!ついに使ったブルーのペイズリー柄の裏地も見せびらかしてくださいね(笑)ちなみに僕の着ているスーツもヴィンテージ生地で色は違いますが裏地はペイズリー柄ですよ☆
Tさん (私の裏地を見て)派手だね~(笑)そして赤が暑い感じ(笑)
ん?!裏地も凄いけど、そのポケット口の生地が変わってる感じがするんだけど、あれれ、それは何?!
あっ!!ばれちゃいました(笑)これはですね…..。
今後のお楽しみです☆
Tさん えぇ~気になるなぁ~

ヴィンテージ生地の魅力がたっぷり詰まったTさんのスーツをご紹介させていただきました。生地の風合い、現代には無い色目、独特の雰囲気を楽しみに皆さんもヴィンテージ生地で仕立ててみませんか?!

きっとあなたもその魅力にハマること間違いなしですよ☆

今回快くご協力いただいたTさん、ありがとうございました!!!

そして、まだかまだかと待ちわびていた皆さんお待たせしました。
大阪店とヴィンテージ生地を入れ替えましたので『ヴィンテージショップYOSHIMURA』の品揃えがガラリと変わりました。
1度ご来店頂いた方もさらに楽しめると思いますので是非ご来店くださいね!
もちろん少しでも興味が沸いて見てみたいという方もWELCOME☆ですのでご来店をお待ちしております。

Tさんも是非もう1着お仕立てくださいね☆(笑)

さて、最後にTさんが気付いたある事とは何だったのでしょうか???謎を少し残したままですが、楽しみは後に取っておく方が分かった時に嬉しさ倍増ですよね?!
と言いつつも、ヒントはどこかに隠されています。

こちらも乞うご期待です☆

ページ上部