HOME > レディース > ジャケットでオフィスファッションが楽しくなる

ジャケットでオフィスファッションが楽しくなる

2018年10月5日更新


こんにちは。
暑い日もあれば寒い日もあり、体調管理が難しい季節となりました。
皆さんはいかがでしょうか?
大阪店レディーススタッフの大崎です。
いやぁ、今年の夏は暑すぎました...ほんと、殺人的に暑かったですよね。
暑いのも寒いのもダメな大崎は今から一か月くらいが一番イキイキとしています(笑)
その季節が終われば動物のように冬眠に入りたい...という気分ではありますが、そのようなことをいうと私の後ろの席に座っていらっしゃる方から、強めの視線だけでなく、マウスが飛んできそうなので...やめときます(笑)
さて、ようやく秋になりこれから徐々に寒い季節となってきますね。
そうです...この時期は...衣替えですよね.....!!!
毎年のことながら衣替えはどうも苦手で、最近の気候的にも寒いなと思ったら日中は夏のような天気の日もあり...非常に悩まされています。
このような季節の変わり目では当たり前ですが、服装が変わっていきますよね。
インナーは半袖Tシャツやブラウスから薄手のニットや長袖のシャツに。
もうトレンチコートを羽織っていらっしゃる方もたまにお見かけします。
そんな時期ですので、今回のコラムではこれからの季節では定番の「ジャケット」を取り入れたファッションについてお話していこうかなと思います。

さて、お客様全員が聞いたことあるかもしれません...“毎日そのスタイルです”という方もいるかもしれませんが....「ジャケパン」というスタイル。
メンズの方でお勤めの方は基本スーツだと思いますが、レディスの方はお勤め先がオフィスカジュアルOKな職場の方が多いのではないでしょうか。
秋冬はコートの下にニットを着て出社、スーツも着なくていいのにジャケットなんて着ないです、という声も聞こえてきそうな気がしますね(笑)
ですが、このジャケパンはレディスの方で普段スーツしか着ていない方や、カジュアルなニットやTシャツを着られる方にもってこいのアイテムなんです!
いつも着ているスーツ、他に組み合わせることはできないというのはどこか新鮮味にかけませんか?
オフィスでいざという時の“置きジャケ”があると便利ですよね?
オフィスカジュアルOKの方、オンオフ使えるジャケットでイメージチェンジされてみてはいかがですか?
ニットにデニムそんなラフな着こなしも時もジャケットを羽織るだけで格上げされますよ。
冬はジャケパンが「標準装備」くらいの勢いの大崎は、同世代の方からエグゼクティブの皆様まで、このコラムを読んでくださっている幅広い世代の方々が今回のコラムをきっかけに「ジャケパン」スタイルを楽しんでいただけるようになって欲しいなぁと願っています!

そもそも「ジャケパン」というのは、上下がひとそろいではなく別々の生地(素材)、色のジャケットとパンツという意味で、基本的にジャケットの生地でスーツの上下はお作りいたしません。
素材の違いということではなく、ジャケットはスーツ地のような織りではなく“編み”で作った素材(ジャージー)これはスーツ地よりも伸縮性が高い生地になります。
そのためスーツとして仕立てた上着だけを羽織り、ボトムは別のパンツを履くというのはナンセンスですし見た目にも違和感があるものです。
スーツはあくまでもスーツ用の生地で「織られている生地」ですので。
生地の中には色柄やその織り方によってはビジネス向きでないものはありますが、オンオフ使えるものとしてお使い頂けるものが多数ございますので、少し紹介させていただきますね。


この生地の中で最も定番で、以下でもこの色・デザインのジャケットをメインに話を進めさせていきたいのが....。
画像の一番上にありますネイビー生地で作る「テーラードジャケット」です。
ネイビージャケットはどんなアイテムにも合わせやすく、クライアントとの打ち合わせや会議など信頼感を得たいビジネスシーンではさっと羽織るのに最適です。
ブルーではなく濃紺といわれる部類の生地だと、ボトムスはパンツで合わせるとメンズライクで堂々とした印象を与えたり、明るめのブラウス、ワンピースと合わせて<フェミニンに見せたい際にも、全体をまとめてくれる優秀アイテムになることでしょう。
また、着丈はお客様一人ひとりに合わせて絶妙な丈に調節することによって、パンツでもスカートでもバランス良く見えるようご提案させていただきますね!

そして、そのネイビージャケットとパンツの組み合わせる際には、色やデザイン関係なく少し意識していただきたい部分いくつかあります。
まず一つ目に、これからの微妙な暑さが残る時期お見掛けしたことがあるのですが、夏のクールビズのなごりでチノパンを履いているけど、ジャケットは少し秋を意識したあたたかみが感じられる起毛感のあるものをお召しになっているメンズの方がいましたが、これはあまり相性がよくない組み合わせですね。
やはり基本的には上下の素材感、風合いは近しいものでないと合わせにくいですし、見た目にもアンバランスになってしまいます。
服装に関してかなり自由度の高い職場でお仕事されている方、ジャケパンスタイルを着こなして長い方などは風合いは全然違うもの(デニムなど)を合わされても上手く着こなしていらっしゃいます。
しかしまずは、基本中の基本として風合い素材は合わした、安心して着ていただけスタイルがオススメです。

例えば、これからお召しになられるパンツが基本ウール地でミルド調のサキソニーやフランネルといった起毛感のある風合いのパンツなら、羽織るジャケットも同じテイストで合わせていくべきです。
反対に冬でもポリエステルやレーヨンといった生地で、割とさらっとしたものを履くという方は、ジャケットだけ厚手なものはアンバランスなので、もう少し起毛感が少ない風合いのものががいいですよ!
ですのでお客様にお持ちのボトムスをお聞きして、そちらに合わせてご提案させて頂けたらなと思っています。
そして二つ目、パンツだけでなく様々な色・デザインのボトムスと合わせて着る際に、ちぐはぐな感じにならないためにはその組み合わせる「色」がポイントです。

合わせるブラウスとしては、白、ベージュ、ペールトーンのグレー・ブルー・ピンク、生成り。
スカートはグレージュ、ミディアムグレー、キャメルなどでまとめると、落ち着いた上品なカラーコーディネートになります。

先ほどご紹介したネイビーの生地では少し落ち着きすぎのような...という方は、ジャケットのトーンを少しあげて明るめのブルーにされるとコーディネートの中で面積の多いジャケットですので、全体のトーンアップになりお顔映りもよく見えますよ。

なぜ今回ネイビージャケットについてお話しようと思ったかといいますと、オフィスファッションにおいてジャケット一つでコーディネートの幅がぐっと広くなることを知って頂き、今回のタイトルでもあります“ファッションをお客様に楽しんでいただきたい”というのが一つ。
あともう一つ。
直接お客様のイメージチェンジイメージアップに繋がるアイテムになるからです。
メイクや髪形を変える、新しい洋服(スーツ)を買うことそれら以上に、今季からは新しくジャケットを取り入れて、周りの方からより良いイメージを持たれるように、プロフェッショナルな印象に映るように、そしてまずお客様ご自身の気分を変えてくれるアイテムになると思いお話させていただきました。
「ジャケパン」ジャケットを使ったコーディネート。
その中でもネイビージャケットは様々組み合わせができ、コーディネートを楽しんでいただけると思います。
最後に「こんな色でデザインのジャケットがいい」と既にイメージをお持ちの方にも“色で変わる印象”をご参考までに。


ネイビーやグレーいわゆる寒色系の生地はどちらかというとカッコよく堂々とした印象を与え、普段からクールできれいめなスタイル、または寒色系の色のボトムが多いという方は、すぐにでも合わせて着ていただける色味になります。
逆に暖色系(ブラウン、ベージュ、オレンジ)といった色の生地だと、優しい印象で親しみやすさを感じさせられるイメージですので、メンズライクなスーツよりも女性らしいアイテム(スカート、ワンピース)が好きという方には合わせやすいです。
なので気分を変えるアイテムを取り入れたい方や、イメージチェンジをはかりたい方は、普段とは反対のテイストに寄せていきたいところですね!
ジャケットは着ているだけで、きちんと感や真面目な印象を周りに与えてくれますが、色やデザインが周りからのイメージを変えてくれるポイントになるので、意識されてみてはいかがでしょう。

様々な生地の色柄によって変わってくる見え方や、肌触りの違いなど、実際に見て触っているだけで私も楽しく、お客様にも早くご紹介したくてたまらず今回お話させていただきました。
現在店頭には、定番の生地からヴィンテージの生地で店内があふれかえる程たくさんありますから、私も何着も欲しくなってしまっています(笑)
ただ....自分用にと思っていたとっておきの生地がどこかへ.....。
必死に探したのにないんです(泣笑)
初めは店長のいじわるかなぁと疑っていたんですが、どうやらそうではなく。
春夏物に紛れたのか...東京店に送ってしまったのか...分からない!
ブラウン地に赤っぽい糸の格子柄、見つけた方は大崎まで(笑)お願いしますね。

次回以降ですが、オーダースーツのことだけではなく様々な視点から、私がお客様と共有したいことについて私なりの感性で(?)書かせていただきたいと思っています。
例えば、ジャケットなの中でもデザイン(特に襟や肩)をどのような仕様にできてどんな見え方になるのか、旬な着こなしはどういうスタイルなのかなど。
今回ご紹介させていただいた生地以外の紹介もさせていただこうかなぁと考えています。
なんやかんやと書いてはいますが「私はこういうのが着てみたい!」「ズバリ私に似合う色は?柄は?」などありましたら、ご遠慮なくお申し付けください。
今後のコラムでジャケットのことはもちろん、様々なことについて幅広くお話させていただきたいと考えていますが、待ちきれないという方!
すぐにでも予約フォームからご予約を(笑)
また、レディスコラムとなっているのでメンズの方が読んでくださっているかは分かりませんが、お仕事用・プライベート用のジャケットを考えている方、もしくはいつも同じアイテムでしかコーディネートできないという方でもご相談くださいね!
大阪店おしゃれ店長であります南浦さんに負けじとご提案させていただきます(笑)
では、長くなりましたが今回はこの辺で。
次回もお楽しみに。