HOME > レディース > 『冬のレディースコートのご紹介です★』

『冬のレディースコートのご紹介です★』


こんにちは。東京店の富田です。
本格的な寒さが少しずつ近付いてるこの頃、そろそろコートの出番かなぁと思う時もありますが、まだこの時季になっても着ないでいられるのは暖冬なのでしょうか?噂では例年より寒いとかいう話も聞きます。急な寒さに身体も装いも対応できませんので、早めの予防と準備をお勧めいたします。

ふと、カレンダーを見ると残り1頁に。クリスマスケーキやおせちの広告が、あちこちで目に入るようになり、もうこんな時季なのかと思わされます。
昨年のクリスマスはデパ地下にて、クリスマスケーキの特設ブースで輝くショーケースを吟味して、目をハートにしつつ、見栄えと好みで買ったはずでしたが、意外にも期待外れ?! いや、期待値を上げ過ぎたのか?! いえ、これはちょっとハズレかなぁ~と思った事がありました。今年はどうしようかな?そんなことを思い、銀杏並木を見ながら散策したこの頃です。

それでは、早速今回のコラムにまいりましょう。
先程冒頭でも少しふれましたが、今回はレディースのコートについてご紹介してまいります。
YOSHIMURAレディースではどんなコートがお仕立て出来るのか?また、他の人はどんなコートをオーダーするのか気になりますよね。そこで今回は人気順にご紹介致します。

直近のお客様の仕上りと、過去にギャラリーにも掲載されたものもございますが、まだ見てない方や、コートを検討中の方のためにご紹介いたします。
また、只今開催中のフェアをご利用頂けるいい機会です。11月28日迄の開催となっておりますので、宜しければ是非チェックしてみて下さい。

2021A/Wツィード&フランネルフェアのご案内

それでは、レディースコートの人気ランキングにまいりましょう。

【第1位 ダブル仕立て2WAYカラーコート】

フランネル ダブル仕立て2WAYカラーコート(ベルト付き)

ハリスツイード ダブルステンカラーAラインコート

先ずは、2つのお写真をご覧ください。
こちらはタイトルにあるように、衿のデザインを2WAYに見せてくれます。 パターン自体は共通でありますが、着丈や素材によって、全くの別物に見えますよね。
濃紺のフランネルコートでご説明しますと、釦を全て留めるとステンカラーになりますし、衿下に隠れている釦を外せば、チェスターカラーになり、まさに一石二鳥です。そしてシルエットは程よいAラインになっておりますので、ご希望であれば、共ベルトでウエストマークとして締められるので、よりはっきりとしたフレアー感が表現できますよね。

そしてハリスツイードの無地のライトグレーでお仕立て頂いたS様は、とにかく寒がりだから暖かくしたいとのご希望で、コート丈を拘りの長さにされ、大変満足して頂けた事が印象的でした。
今年は例年より寒いという話を聞くので、S様のように寒さが特に苦手の方には、ハリスツイードのコートは大変お勧めですよ。

【第2位 チェスターコート】

次に、3つのお写真をご覧ください。

ハリスツイード
3ボタンチェスターコート

フォックスブラザーズ
2ボタンチェスターコート

※ボットリー2ボタンチェスターコート
(※フェア対象外です)

こちらもパターン自体は元々共通であります。フロントの釦数は違いますが、更に生地が無地や柄、さらにゆとり分量が違うだけでも全く別ものに見えますよね。

3ボタンで胸元のV明き部分が浅ければ、フォーマルな雰囲気が出て、小ぶりな衿作りで、小顔効果が期待できます。そして、2ボタンは釦位置が下るためV明きが深くなります。
そのため、中に着るものとのバランスを考えるのが少し迷う事もありますが、ボリュームのあるマフラーやストールを差挿し込むだけで、別物に見せてくれますし、汎用性のあるデザインですので、着回し力も高く定番として活用しやすいですね。

もちろんビジネスでもプライベートでも、コーディネート次第で、大変重宝致します。
ビジネスシーンではベーシックカラーでまとめれば間違いない装いですし、お休みの日には、インナーにパーカーやハイゲージニットを合わせれば、スポーツカジュアルやきれい目カジュアルにも変えられるので、チェスターコートの万能さを発揮できると思います。

【第3位 ステンカラーコート】

最後となりましたが、3つのお写真をご覧ください。

ハリスツイード
ステンカラーコート(比翼仕立て)

※4PLYヴィンテージ
ステンカラーコート(比翼仕立て)
(※フェア対象外です)

フランネル ステンカラーコート
(ぶち抜き)

3枚の画像はこちらも同じモデルのステンカラーコートですが、素材の違いと無地や柄によっても全然見え方がちがいますよね。

ステンカラーコートは、シンプルで使いやすくすっきりしたシルエットが魅力で、首回りになにも付けずにスタイリッシュに見えるのがこのコートの特長です。

ビジネスからカジュアルまで幅広く使えるステンカラーコートは、オーバーサイズでお仕立てすればカジュアルダウンできますし、細めのラインを選べばトラッドスタイルも可能です。
中に着たインナーが見える事はそうないので、コーディネートを考える必要があまりないことも隠れた魅力。見え方としては、お顔に対して衿がバランスよくコンパクトに納まるので知的な雰囲気を自然に見せてくれますよ。

以上、簡単ではございますが、YOSHIMURAレディースの売れ筋コートをご紹介させて頂きました。今のコートの主流としては、ややオーバーサイズが市場にはでておりますが、
コートは長く着られるアイテムですので、そう流行りを求めずに、スタンダードにお仕立てしておけば、飽きのこない相棒でいられますので、コロナ禍の買い控えていたリバウンド消費として、コートをご検討頂ければ嬉しい限りです。

お仕立ての魅力、仕立てた者しかわからない、初めて袖を通す感動を是非、体験して頂ければ幸いです。

それでは、次回もお楽しみに。