HOME > 新着情報 > 梅雨時期に備えて、ウォッシャブル&超撥水生地はいかが?

梅雨時期に備えて、ウォッシャブル&超撥水生地はいかが?


GW明けたかと思えば5月も終盤。この頃になると、梅雨の走りというように、スッキリしない天気が多くなりますね。
出来れば梅雨が来てほしくないと切に願う、東京店SHOPMASTER(佐野)です。

1年の中で1番過ごしにくく、かつ1番スーツ(洋服)を着たくない季節が、『梅雨』かと思いますが、読者の皆さんはこの梅雨時期どんな準備、対策をしていますか。

梅雨時期に考えるスーツの弱点としては以下のことが言えるのではないでしょうか。

  1. ①簡単に洗えない。メンテナンスが面倒くさい。
  2. ②濡れて生地が傷んでしまう。
  3. ③クリーニング代がかさむ
  4. ④お気に入りの洋服が着れない。

雨に濡れたり汗をかいたりと、汚れてしまうことで、特にメンテナンス(クリーニング)面においては、本当に面倒くさい&コストがかかることが梅雨時期に一番困ることですね。
この面倒くさいメンテナンスの負担をできるだけ軽くできたなら、雨が憂鬱な梅雨時期もファッションを楽しめるのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな梅雨時期の強い味方、自宅で気軽にメンテナンスができる機能として『ウォッシャブル仕様』と、そもそも汚れにくい『超撥水性』を持ち合わせた生地を、これからの季節特に主役となる《スラックス》にフォーカスしてご案内します。

◇梅雨時期も気持ちよく!ウォッシャブル仕様

冒頭でも申し上げた通り、ジメジメと暑いのに加えて、雨が多い梅雨時期ですから、1度スラックスを穿いたら『すぐにでも洗いたい。』と言う方は多いのではないでしょうか。
かく言う私もその一人です。

でも、ウールが主のスーツ生地は家で簡単には洗えず、クリーニング店に持っていかなければいけませんよね。クリーニング店に持って&取りに行く手間とコストはこの時期特有の悩みだと思います。

そんな悩みを解決してくれるのが、『ウォッシャブル仕様』

自宅で気軽に洗濯機で洗えて、手間(自分で洗う手間はありますが。)とコストが抑えられるとしたら家計にも優しく、そして快適にファッションを楽しめますね。

また、ドライクリーニングでは石油系の溶剤を使う為、油性汚れには強い反面水溶性の汚れは落ちにくいものです。
ご家庭の洗濯機で洗えればドライで落ちにくい「汗」「食べこぼし」などの水溶性汚れが落ちるので結構重宝しますよ。

◇ウォッシャブル仕様ができる生地は?

『ポリエステルが40%以上含まれている生地』ポリエステルが主体の生地がウォッシャブル仕様に適しています。
ウール100%の生地は?と言う声も聞こえてきそうですが、ウール100%のスーツを洗濯すると、水分で繊維のキューティクルが開き、そのまま摩擦されると、キューティクルがからまってしまいます。そのからまりが原因で生地が縮んでしまったり、また風合いが損なわれてしまいます。
ですから、ウールに比べて耐久性が高く、水捌けもよく速乾性の高いポリエステルがウォッシャブル生地として使用されます。

スーツがメインなビジネスシーンでの利用なら、ウールの風合いのある、ウールポリエステル混紡生地。

ビジカジやプライベートシーンでの利用ならば、化繊中心の機能性ポリエステル生地。

生地サンプル帳『DIPLOMAT』に対象の生地を掲載していますので、是非一度生地に触れてみてください。

2023 SPRING&SUMMER SPECIAL SELECTION

  • ☆生地サンプル帳ご請求は>>>DIPLOMAT

サンプル帳請求

◇ウォッシャブル仕様と通常仕様の違い

洗える生地があるのは分かったけど、そもそもウォッシャブル仕様と通常の仕様とでは一体何が違うのか。
それは、ポケットの袋や腰裏などの付属品が通常仕様と大きく違う点です。
比較画像をご覧ください。

水捌けと通気がいいように、ポケットの袋地、腰裏マーベルト、裏地まで全てメッシュ仕様になっている点に注目。
また、このメッシュ仕様は、涼しいだけじゃなく、実際洗濯をした際に、水切れがよく、通常乾きにくいポケットの袋地を早く乾燥させるのに役立っています。

梅雨時期から夏にかけて、スラックスの履き心地が悪くなる大きな要因は、『蒸れ』じゃないでしょうか。
下着、シャツと沢山の生地が重なっていることで起きるこの腰回りの蒸れを、ポケットの袋地や、マーベルトをメッシュ仕様にすることで快適にしています。
実際に穿いている身として個人の主観が入りますが、通常のスラックスの7割増し涼しいと感じます。
洗えることも嬉しいのですが、このメッシュ仕様は涼しく快適にスラックスが穿けるので特に嬉しい機能です。

◇ウォッシャブル仕様はジャケットも軽い

スラックスをメインでご紹介していますが、もちろんジャケットもウォッシャブル仕様可能です。
スラックスは簡単に洗えそうだけど、さすがにジャケットは、、、と言う方も多いかと思いますが、ジャケットは洗えるというよりも、むしろ『軽さ』に重点をおいています。
通常の上着は立体感を出すために、芯地(接着芯、胸増芯、タレワタ、パット)をふんだんに使っているのですが、ウォッシャブル仕様にすると、スラックス同様で芯地が『メッシュ仕様』になり通気が良く軽くなります。

二つの芯地を比較してみると、ウォッシャブル仕様の芯地はメッシュ仕様で薄く、見た目からも涼しそうですね。

一方弱点として、立体感と言う点においては、物足りなさを感じる方もいらっしゃるかなと思います。
ここは目をつぶって、夏はジャケットをしっかり着るという方も少ないでしょうし、軽くジャケットを羽織る感覚でいれば十分すぎる出来です。

◇雨の日でも心配なし!《超撥水生地》

『雨の日にスラックスが濡れてしまうことが防げたら。』こんな思いを持っている方は多いのではないでしょうか。
傘をさしても裾が濡れる、水たまりからの水撥ねでスラックスが濡れてしまうなど、雨の日は気を付けていても、スラックスが濡れてしまい不快に感じるシーンが増えますよね。
そこで、そんな雨や水による被害を防げる生地があるなら試してみたくなりませんか。

◇驚異の撥水力 SPORTEX マルチギア

リランチェ

今季の機能性素材の中で一番の注目ブランドといえば超多機能素材のSPORTEX マルチギアです。
SPORTEXマルチギア最大の特徴は何と言っても、驚異の撥水力
うっかりトイレで付いたシミも、うっかりこぼしてしまったコーヒーも、サッとひと拭きで元通り!
日常生活の中で起こる「うっかり」も、もう怖くありません!

驚異の撥水力ってどのくらい??と思われた方は動画をご覧ただければお分かりいただけると思います。
オレンジジュースをこぼしても、ご覧の通りあっという間に元通り!

さらに、SPORTEX マルチギア2つめの特徴は、安心の透け防止機能
これなら、夏に1本は持っておきたいホワイトボトムもシミや下着が透けるのを機にせずに存分に楽しめますね。

「白は透けるし汚れるからなぁ…。」と薄い色をなんとなく避けていたという方も、今季はSPORTEX マルチギアで、ゴルフなどのスポーツウェアからカジュアルウェアまで幅広くお楽しみ下さい!


いかがでしたでしょうか。
これからの梅雨時期に嬉しい『ウォッシャブル仕様』『超撥水生地』試してみたくなりましたか?
是非この快適さを手に入れて、ジメジメした梅雨からジリジリ暑い夏をCOOLに(涼しく、格好良く)過ごしてください。